古の刀装具 HOME
TOSOGU OPINION SITE
目貫

目貫

糸巻図(無銘)

商品番号 :MK-090

江戸中期 桐箱入

30,000円

赤銅地 容彫

表/長さ:2.78 cm  幅:1.74 cm  高さ:0.59 cm  重さ:4 g
裏/長さ:2.85 cm  幅:1.76 cm  高さ:0.57 cm  重さ:4 g

この目貫の画題、わかりますか? 一部分はわかります・・・絹糸を巻きつけた木枠(糸枠)が表裏目貫の端に一つずつ彫られています。しかし、残り二つずつ彫られた何かの実のようなものは、一体何でしょう。思いつくままに思案するするのですが、はてはて? 天地を逆に見れば、もはや苺にしか見えません。ビールの原料のホップ? 葡萄の実にしては細長過ぎ・・・おっと、糸枠が一緒にあるのですからその関係する何か・・・植物の実から思考を切り離さないと自ら袋小路に嵌まるようなものです。待てよ、絹糸ときたら蚕様の繭玉。繭の一つ一つは細長い卵形、それを山積みにしたのがこの正体では? 下から伸びる紐状の線は、繭から紡んでいる生糸かも。おうっ、辻褄が何となく合うような気がします。ただ、繭玉をこのような山なりに積むのでしょうか? なんか形状が整い過ぎですが、これも極端なデフォルメだと思えば気休めになります。ということで、この実のようなものは繭玉を積み上げたものと、独断専行で決め付けます(どなたか的を得た答えをお寄せください)。画題はあやふやながらも糸巻図とさせていただきました。
造も忘れてはいけませんね。地金は赤銅地でかなりの黒さ、色絵はなくいわゆる無赤銅の目貫です。彫は簡素ながらも要所の毛彫はきっちりと施し、山なりの奇抜な形状と相まって古風な風合いを感じます。この苺もどきの形が強いインパクトとして愛らしい印象を植え付けます。裏行の圧出は強くはなく地板も厚めなのを考慮すれば、時代は江戸中期頃でしょう。もう少し古いのかと思いましたが、裏行は正直なものです。裾際の括りもなく緩やかな立ち上がり。本作、小振りなサイズからして出目貫として据えられたのではないかと思われます。表面が擦れて毛彫の跡が薄くなっているのはその表れかもしれません。極は時代を考慮して京金工かと。裏行を無視すれば、古金工として十分に通用するとは思いますが・・・審査に出して時代を上げてみる勇気のある方は応援します。

ページトップ