中原フォーラム HOME
INTELLIGENCE

♯ ダメな役人に○×をつけられない不合理さ

Copywritting by Nobuo Nakahara

本欄で役人のことをかなり書いたので、本欄を読んでいる真面目な役人は、私に反発を相当感じているかも知れない。

私は、大学4年の時に役人になろうと考えた時期があったが、叔父の忠告によってすぐ諦めた。数年前、日刀保の学芸員某氏に「中原さんみたいなクセを出したら、出勤したら机や椅子は廊下へ放り出されていて、座る場所はすぐなくなるよ!」と言われたことがある。

そうかも知れない。しかし、私は決して恥じるようなことをやっていないし、理屈の通らないことには異を唱えるだけであって、決して事件屋ではない。もっとも、私ほどある意味、誤解されている人間は珍しいのかもしれない。別に誤解や邪推をしている人達に喰わせてもらっている訳ではないから全く構わないが!・・・。

 

さて、役人がかくもダメになったのは、というか、ダメになったのは奈良時代からとも云われていて諦める他ないが、ともかく近代?日本ではキャリア制度が大きく影を及ぼしている。最上級の試験に通れば、まさに飛び級で上席に座るが、実務は何も知らないし出来もしない。その上、席も3年位で段々と上にあがっていくこの制度。決して悪くはないと思う。しかし、キャリアも10年程は下積みの実務で汗を流させて、そこで能力のあるキャリアを上にあげる。この方式なら少しはマシになる!?。それと各省庁の事務次官を選挙の時に○×を国民につけさせる。国税で給料をもらっているのは政治家だけではない。官僚(役人)も全く同様、なのに○×を国民はつけられない。という不合理さ。

 

私は選挙の度に、最高裁判事の審判で○×をつける場合、全て×にする。何故か、簡単である。同じ事件があっても判決が全く、相当、少し変わる事例が多い。これ自体、法律を基準にしていない。裁判官の私的価値観や思想が入っている厳然たる証拠であり、従ってそんな人間を高額な国税で雇う必要はない。同様に官僚に実際は使われているバカ政治家しか、私達は選べないのであり、官僚に○×をつける制度、直接投票で内閣総理大臣を、つまり大統領を選ぶ道をつけて欲しい。
(文責・中原信夫)

ページトップ