刀剣本来の価値をお届けします。 HOME
重要刀剣

備前國住長舩在光作 永正十七年八月吉日

商品番号 : A-015-S-160

室町後期 備前 重要刀剣 白鞘(探山鞘書)・拵付

9,500,000円

刃長:70.3 cm 反:2.2 cm 元幅:3.10 cm 先幅:2.00 cm 重ね:0.80 cm 目釘孔:2つ

体配
本造、庵棟、生中心、鑢目は切。表裏に棒樋を掻通。
地肌
板目に杢目交じり、やや肌目が立ち、よく詰んで明るく冴え地景が現れ、刃寄りはやや柾心に流れる。鎺元より切先まで移が鮮明に現れる。
刃文
匂出来の腰の開いた五の目乱に丁子が交じり、尖刃、角ばった個所もある。匂口はやや締り心でふっくらとし刃縁は冴え、刃中に丁子の足、沸崩(葉)が頻りに所作し、金筋・砂流風の個所がある。
鋩子
刃文がそのまま乱込んで、やや浅く返る。
備前國住長舩在光作 永正十七年八月吉日

腰の開いた五の目乱に丁子が交じった末備前の刃文ですが、お馴染みの祐定風ではありません。焼頭の下にによく見られるこぼれたような沸崩はありません。かわりに少し大きめの葉状の沸が所作します。尖刃や少し角ばった箱風の個所もみられ、腰の開き方もやや狭く高低差も少ないあたりは祐定とはまた違った景色です。いい意味で纏まりのある刃文と言えるでしょうか。
地肌はやや肌立っており、明るく冴えた肌目に沿って地景がよく浮き出ていて綺麗です。精美な肌と言って良いと思います。そこに鮮明に移が加わり、見応えのある光景が広がります。正直、美しいです。掲載している画像では、その輝きを伝えることができず残念です・・・本刀は差込研のため、刃文がどうしても黒く少しざらついた感じに写ってしまいます。この地肌と刃紋の良さは、直接感じてもらう他ありませんが、来店して経眼されればその期待は裏切らないでしょう。おっと、忘れるところでした。本刀の棒樋は最初から樋を造り込んだ貴重な生樋です。後世による所作ではありません。そのため銘は、通常(在光に限りませんが)鎬側に刻るところを、中心尻まで掻通した樋を避けて銘と年紀が刻られています。圧倒的に多いとされる鎺元で留めた後彫の皮鉄を削ってしまう樋とは異なり、皮鉄を削らないその強度はより堅固で、反面、手間のかかる造込です。この事実は本刀の高い品質を物語る所作とも言えます。

健全度もまた本刀の自慢するところで、厚みのある重ねは損なわれず申し分のない状態。永正年紀でここまで残っていることに驚きです。作者は在光、永正年紀ですから出雲守を受領した在光と思われます。重要刀剣の指定書でもそのことに触れていて、数少ない在光の現存刀ということもあり希少な一振です。この時代、受領名を拝した刀工はほぼ皆無で、出雲守を名乗れた在光は受領できた理由はともあれ、それに見合った力量があったことになります。作刀数が少ないのはおそらくディレクター的存在、またはコーディネーター的役割を、備前鍛治の中で演じていたのかもしれません。まあ、政治も含め中心的な役割を担っていたとはいえ、現場でのその腕は本刀が示す通り極めて優れていたと言って良いと思います。ともあれ、そんなことも含めて本刀の刃文と地肌の出来を直接経眼してほしい一振です。
本刀拵は赤銅の石目地で統一された金具がつけられています。紋様はありませんが、その分、上品でスッキリとした出来。ただ、鐔だけは山銅です。唯一、独楽図を画題にした無赤銅の目貫が目を引きます。真黒でかなりの腰高、彫も深く、乗真の作と言っても良い風合い・・・不謹慎ながらこの目貫、柄前から脱して審査に出したい目貫です。

ページトップ