中原フォーラム HOME
INTELLIGENCE
オフレコ刀庵

刀剣の社会に入って40数年。永きにわたり研究と見識を重ね、常に業界人として一石を投じてきた中原氏。
この社会の裏も表も知り尽くした氏が発する言葉には、既成概念を破ってでも受け止めなければならない事実と価値がある。
そこには、にわか評論家やうわべ鑑定家にはない「基」と「理」そして「真」がある。
誰に臆する事なく、歯に衣を着せぬ評論と指摘を通して、
古今を問わず見聞した不条理な出来事、隠れた物語、感嘆した想いを、喜怒哀楽を交えて今ここに明かす。

「オフレコ刀庵(著者・中原信夫氏)」の掲載内容に対するご意見・ご質問・ご感想等がございましたら、「お問い合わせ」ページから送信フォームに必要事項をご入力して送信してください。(その場合、商品名または商品番号の欄には、意見、質問・感想等といった区分題目をご入力ください。)
内容等によってはお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。

▶ オフレコ談義の始まりにあたって…私の理(ことわり)

▶ 日本人が持つ美術品のDNA

▶ 「刀は人殺しの道具」…刀を曲解する案内人

▶ 清麿展に思う憂い

▶ 彷徨う「名物・岡山藤四郎」の行方

▶ 赤羽刀の怪

▶ 基準のない表現がもたらす害悪

▶ オマケが付いた古そうな鐔箱と箱書

▶ 京・三品一派への誤解

▶ 親国貞・親国助の位置づけ

▶ 写物の定義

▶ 銘鑑=迷鑑?

▶ 鞘書を断られた言訳

▶ 登録証・その1〜大ザル法

▶ 登録証・その2〜杜撰な管理と不始末

▶ 登録証・その3〜登録証の喜劇と悲劇

▶ パリコレ的錯覚

▶ 欠陥作「乙御前」・・・光悦だから褒めた?

▶ 本阿弥光悦の遺言

▶ 朝令暮改

▶ (続)朝令暮改

▶ 名儀人

▶ 資金源

▶ 「登録制度発足以前の刀剣の所持について」を読んで

▶ 砥石(本阿弥光悦)

▶ 砥石

▶ 所謂、鷹ヶ峰(たかがみね)光悦村の古地図について-その1

▶ 所謂、鷹ヶ峰(たかがみね)光悦村の古地図について-その2

▶ 所謂、鷹ヶ峰(たかがみね)光悦村の古地図について-その3

▶ 天動説が破綻する日

▶ 視力

▶ 大野刀匠・蜻蛉切

▶ 明治維新は最後の下剋上

▶ 梅干論

▶ ピカソ

▶ 印刷

▶ 印刷-2

▶ 原稿用紙

▶ 中央刀剣会

▶ 日刀保改善の数少ないチャンス

▶ 欠陥

▶ JALのマーク

▶ 日刀保の素顔・その1(日刀保初代会長はいずこに?・・・)

▶ 日刀保の素顔・その2(苦難の船出と官主導の弊害)

▶ 日刀保(アメとムチ)

▶ 仏像

▶ 刀の地位向上

▶ 文化庁の御役人

▶ デザインを理解出来ない御役人

▶ ダメな役人に○×をつけられない不合理さ

▶ 刀剣界のスタンス

▶ かつて、乞食が焚火をした正倉院の床下

▶ 写物か模倣でも見ていろ

▶ せめてジャケットにネクタイぐらいは・・・

▶ 雁皮紙

▶ 雁皮紙その2

▶ 専用の原稿用紙

▶ 師の鞘書道具

▶ “梨花に冠を正さず”を望む

▶ 「100均」商品・その1

▶ 「100均」商品・その2

ページトップ